親しかできない!簡単で効果が抜群な学校の授業の復習方法

勉強は予習と復習がありますが、正直言って予習はなくていいです。と私は思っています。

やったほうがいいのは確かです。

しかし、勉強というなかなかつまらないものを子どもにさせるのに、まだ先のことをさせるというのは結構ストレスです。

人間は何となく知っていることを聞かされるより、あれ?覚えていない、何だっけ?となっていることをもう一度聞くことのほうが記憶に定着します。これが復習効果です。

そんな効果的な復習こそ、学校の授業内容でやるべき。

何も机に座ってやる必要はありません。もっと簡単なことでもその効果は得られます。

続きを読む

子どもに基礎学力も応用力も身につく親の教育方法

子どもに勉強をさせたい、成績を上げさせたい、そのためには基礎学力と応用力を付けないとダメ…

親としてあれこれ考えて、これをすれば、あれをすればと検討しますよね。

塾や家庭教師もいいですが、基礎学力と応用力は家庭で十分身につきます。

続きを読む

子どもがやる気になる勉強の褒め方

子どもが進んで自ら勉強をするかどうかは、親の褒め方一つで変わります。

子どもは親に認めてもらうことを求めています。「ほらこれできたよ!見てみてー!」というシーンがいくらでもありますよね。

しかし、勉強の場合はどうでしょうか?

親としてちゃんと褒めることができていますか?

続きを読む

怒るのも褒めるのも苦手なら子供と一緒に喜怒哀楽で成績が伸びる

子どもの教育、特に勉強面を伸ばすのに、親の適度な距離感とチヤホヤ感はかなり重要です。

これがあるとないとで自主性の成長に大きな差が出るからです。

しかし、この加減が難しく、親御さんの性格によってはいい塩梅が分からず苦労します。

それなら、いっそのこと子供と喜怒哀楽を共有してしまえばいいのです。

仲のいい友達の関係が勉強に必要な適切な親子関係に近い

親の立場としての距離感と愛情の与え方は、少なすぎても過保護でもダメです。

となるともう親のセンス次第なところもあって結構難しいですよね。

しかし、中には親と友達みたいな親子がいます。これって特殊な面もありますが、距離感とチヤホヤ感のバランスに優れているんです。

例えば友達同士って常に一緒ではありません。学校や放課後に一緒ということがあっても、365日一緒じゃないし、学校にいるときもずっと席が隣とかでもないでしょう。

それでいて同じことを一緒にやったり、悲しんだり、楽しんだり…

これって実は絶妙な距離感と、お互いに認めているという愛情に満たされているのです。

逆に家に帰って親に勉強しろとか言われると、家に帰りたくない、友達と一緒にいたときのほうがいいとなります。それだけ家庭で親との距離感、チヤホヤ感にフィットしていないのです。

ちゃんと見てくれているし、過剰な干渉でもないからちょうどいい

親子で友達みたいな関係というのは、親の威厳としては低いのかもしれません。

ただ、これは親の性格がそうじゃないならアリな選択肢です。

あんまり褒められたこともないし、怒られたこともない。そんな子が案外と自主的に勉強をします。ただの放任主義ではなく、友達のような感覚でいろいろな感情や出来事を共有している仲のいい親子の場合です。

自主的に勉強するための条件である、親が適度な距離感で見守っている、結果をちゃんと見てくれるというのを、友達関係だと自然に満たしてくれます。

これは特に女の子に有効です。

女の子同士って些細なことでも感情を共有しますよね。その繋がりが、親との適度な繋がり、見てくれているというのを作り出します。

男の子だったら頼れるお兄さん、お姉さんのような感覚で共有がしやすいでしょう。困った時も一緒に考えてくれるという安心感。でもベッタリじゃなくて鬱陶しくない。男の子が嫌がる過保護でもないし、完全放置でもないですよね。

親子なのは忘れずに!ただの過保護過剰干渉になると逆効果

ただ気をつけたいのは、友達同士でも仲が悪くなるケースがあるということ。

あくまで親子なので、完全に友だちになるわけじゃありません。親としての責任などは当然そのままであり、あくまで「友達みたいに仲がいい親子ですね」と周りから言われるような雰囲気にとどめないと、ただの過剰干渉になります。

親友でもお互いに侵入しないプライベートがあるでしょう。親子だとそのあたりまで知らずに干渉してしまいがち。他人じゃないので遠慮がなくなるからです。

何も子どもの勉強のために友達感覚を演じる必要があるわけじゃありません。あくまでヒントです。この中に、「自分で問題点を認識し、自ら考えられるかどうか」を鍛える親が取るべき距離感とチヤホヤ感が詰まっていると考えてください。

子どもは待っています。子どもが勉強をそれなりにやっているんだよ?という期待に対する答えを。そして、一人でできるから結果を待ってね、というメッセージに対して、ちゃんと距離を持って見守ってくれるであろう期待をを分かってあげましょう。

勉強しない子どもに効くのは適度な距離感とチヤホヤ感

勉強しない子どもの原因はいろいろですが、解決するために必要なのは間違いなく親です。

でも勉強しなさいは意味がありません。完全に逆効果。それはここで繰り返し書いていますよね。

子どもが勉強をするかしないかは、「親が自分のことを見てくれている。気にかけていてくれる」という実感の他にありません。

続きを読む

東大生・京大生と勉強ができない人の決定的な違いと親の役割

勉強ができる人の最高峰として挙げられるのが東大生、そして京大生ですね。

勉強ができない人からしたらわけがわからない存在です。

では、なぜこのような差がついたのか?理由を考えると、多くの人は昔からちゃんと勉強していたかどうかと答えるでしょう。

しかし私はそこが本筋ではないと思っています。

答えは、他でも多数言っている「自分で問題点を認識し、自ら考えられるかどうか」に集約していると思います。

続きを読む

勉強をやる気にさせるご褒美はお金ではなくご飯・料理!

勉強をしない小中学生をやる気にさせるのに手っ取り早い方法があります。

人参で釣る、ですね。

思いつくのはお金が絡むことでしょう。現金、好きなおもちゃやゲームなど。

しかしどれもよくありません。そういったご褒美は、それらがないと勉強をしなくなるからです。さらに、何か自分が負担と感じることをやる際に、毎回見返りを求める嫌な性格の大人になってしまうリスクがあるからです。

続きを読む

勉強ができない小中学生は、勉強できるまで時間がかかるだけかも

小中学生のお子さんをお持ちだと、自分の子どもが周りより勉強ができないからと焦りがある人が多いでしょう。

うちの子は勉強ができないと不安になるでしょうが、その不安を子どもに負担させていないでしょうか?

もしかすると、あなたの子どもは勉強ができないのではなく、できる時期が来るのが遅いだけなのかも。それを親のあなたが潰している可能性もありますよ?

続きを読む

小中学生の勉強は今「できる」ことに価値はない

小中学生のお子さんをお持ちで、うちの子が勉強できないから…と悩む人は多いようです。

でも、今勉強ができるかどうかに価値はありません。

小中学生のときに成績が良くても、高校以降で大きく挫折するケースが山程あるからです。

続きを読む