教科書・問題集を開くのも嫌な子どもに嫌がらずに読ませる方法

勉強が嫌いな子どもは、教科書や問題集を開くことさえ嫌がる子がいますよね。

開いてもボーっとしていて進まない。ただ開いただけとか。

こんな子どもに教科書を読ませたり、問題集を何とか解かせようとしていませんか?

それって無駄ですよ。

そんなことをしていては絶対にその子は勉強を避け続けます。

まず、その本が勉強のためにあるものというイメージから子どもを救ってあげましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

勉強しない子どもをやる気にさせる簡単な親の一言

子どもがなかなか勉強しないというのは、何をどこまでどうやればいいかイメージが子供の頭にないからです。

親だってそうでしょう?

「家事をしろ!」

って旦那に言われたら、やってるし、これ以上やるって何を!?

とイラッと来るはず。

旦那に対して、

「ねえ、休日くらい子どもの相手してよ」

と言っても反応しない旦那は、相手する必要性は分かっていても、具体的にどうすればいいか考えるのが面倒だし、どこまで遊んであげれば子どもが喜ぶのかイメージが湧いていないのです。

結局、大人だって漠然とした行動を強要されるとイラッと来るし、行動の最初の一歩が踏み出せないんです。みんな大きなゴールをイメージしてしまうから。しかもぼんやりとしたゴール。これって大人でもきついでしょ?

「立派な大人になりなさい」

と言われて、具体的に何をどこまでやればいいかなんて分かりません。それと同じです。

勉強をしない子どもをやる気にさせるには、もっと親が簡単でいいから、子どもが何をやるべきなのか?細かく負担のないように指示し、それができたらきっちり認めてあげることです。これで子どもは大きく羽ばたきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0