子どもの将来は文系?理系に進ませたい親の役割

最近、AI(人工知能)によりなくなる仕事が話題となっています。

最近だとソフトバンクのペッパーというロボットが受付の仕事をしていますよね。まだ完璧じゃないですが、その内相当なレベルになるのは確実です。

基本的に文系の仕事が多く駆逐されるとの予想です。人工知能が考えるだけで済むため、人の手じゃないと…という要素が乏しいからです。

そのため、子どもには文系ではなく理系に進ませたいと考える親がいます。

しかし、理系に関心がない子供をどうやって理系に傾かせるのか?なかなか難しい一面があります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

勉強ができる子どもになる方法は池上彰と林修にヒントがある

勉強ができない理由は大きく分けて2つあります。

  • 分からない
  • 興味・やる気がない

これを解決する方法は、中学生くらいまでなら、一部科目限定で面白い方法があります。算数などの理系ならロボット教室。漢字・国語ならうんこ漢字ドリルです。

これらは、主に二つ目の興味・やる気がないという障害を、子どもが興味を持てるもので取り払ったためうまくいきます。

しかし、そういったものに関心を示さない性格の子、年齢が上になってきてプライドが芽生えてきた子。

こんな勉強ができない子を、いかにして勉強ができる子にすればいいのか?

その答えが、TVでお馴染みの池上彰さんや林修先生にあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

勉強アプリ~勉強に付いていけない子に効くNo.1勉強方法

スマホやタブレットで学べる最近人気の勉強アプリ。

このメリットは、子供が飽きずに、そして理解しやすい工夫がされていることです。これは今までの塾や家庭教師、家庭学習教材で得られたデータなどが活用されています。

ただ一部でこれによる不満が起きています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

受験だから学校の授業は無駄というのは間違い~そもそも何のための受験?

受験期になると、学校の授業をそっちのけで、勝手に自習タイムになる生徒が増えます。

自分もそういうことがありましたが、基本的に授業中心でした。

これは私の性格上、何か中途半端にやるのが嫌だったため、なんとなく授業もちゃんとしようという理由だったと思います。

でも、思い返すと授業というのは受験対策になっていたと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0