怒るのも褒めるのも苦手なら子供と一緒に喜怒哀楽で成績が伸びる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの教育、特に勉強面を伸ばすのに、親の適度な距離感とチヤホヤ感はかなり重要です。

これがあるとないとで自主性の成長に大きな差が出るからです。

しかし、この加減が難しく、親御さんの性格によってはいい塩梅が分からず苦労します。

それなら、いっそのこと子供と喜怒哀楽を共有してしまえばいいのです。

仲のいい友達の関係が勉強に必要な適切な親子関係に近い

親の立場としての距離感と愛情の与え方は、少なすぎても過保護でもダメです。

となるともう親のセンス次第なところもあって結構難しいですよね。

しかし、中には親と友達みたいな親子がいます。これって特殊な面もありますが、距離感とチヤホヤ感のバランスに優れているんです。

例えば友達同士って常に一緒ではありません。学校や放課後に一緒ということがあっても、365日一緒じゃないし、学校にいるときもずっと席が隣とかでもないでしょう。

それでいて同じことを一緒にやったり、悲しんだり、楽しんだり…

これって実は絶妙な距離感と、お互いに認めているという愛情に満たされているのです。

逆に家に帰って親に勉強しろとか言われると、家に帰りたくない、友達と一緒にいたときのほうがいいとなります。それだけ家庭で親との距離感、チヤホヤ感にフィットしていないのです。

ちゃんと見てくれているし、過剰な干渉でもないからちょうどいい

親子で友達みたいな関係というのは、親の威厳としては低いのかもしれません。

ただ、これは親の性格がそうじゃないならアリな選択肢です。

あんまり褒められたこともないし、怒られたこともない。そんな子が案外と自主的に勉強をします。ただの放任主義ではなく、友達のような感覚でいろいろな感情や出来事を共有している仲のいい親子の場合です。

自主的に勉強するための条件である、親が適度な距離感で見守っている、結果をちゃんと見てくれるというのを、友達関係だと自然に満たしてくれます。

これは特に女の子に有効です。

女の子同士って些細なことでも感情を共有しますよね。その繋がりが、親との適度な繋がり、見てくれているというのを作り出します。

男の子だったら頼れるお兄さん、お姉さんのような感覚で共有がしやすいでしょう。困った時も一緒に考えてくれるという安心感。でもベッタリじゃなくて鬱陶しくない。男の子が嫌がる過保護でもないし、完全放置でもないですよね。

親子なのは忘れずに!ただの過保護過剰干渉になると逆効果

ただ気をつけたいのは、友達同士でも仲が悪くなるケースがあるということ。

あくまで親子なので、完全に友だちになるわけじゃありません。親としての責任などは当然そのままであり、あくまで「友達みたいに仲がいい親子ですね」と周りから言われるような雰囲気にとどめないと、ただの過剰干渉になります。

親友でもお互いに侵入しないプライベートがあるでしょう。親子だとそのあたりまで知らずに干渉してしまいがち。他人じゃないので遠慮がなくなるからです。

何も子どもの勉強のために友達感覚を演じる必要があるわけじゃありません。あくまでヒントです。この中に、「自分で問題点を認識し、自ら考えられるかどうか」を鍛える親が取るべき距離感とチヤホヤ感が詰まっていると考えてください。

子どもは待っています。子どもが勉強をそれなりにやっているんだよ?という期待に対する答えを。そして、一人でできるから結果を待ってね、というメッセージに対して、ちゃんと距離を持って見守ってくれるであろう期待をを分かってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。