解ける問題をもう一度解くことで本当の学力が身につく

分からなかった問題が解けるようになった。

すると次の問題に進んだり、新しい範囲に手を広げる子、親は多いです。

でもそれはダメ。

できた問題にはまだ旨味が残っています。

問題はガムみたいなもの。

問題が解けたといってすぐにてを離してしまうのは、ガムの味をほとんど楽しまないで捨てるようなものです。

続きを読む

塾より家庭学習を選ぶ理由

塾に通わせるより家で勉強をさせる家庭学習を選ぶ親は、なぜ学習塾を選ばなかったのか?

この理由はいろいろありますが、一般的に言われていること以外にもあります。

ご家庭の教育方針やお子さんの性格も加味して、家庭学習のほうが合っているかどうか検討してみましょう。

続きを読む

塾か家庭教師か?それとも家庭学習か?

小学生から中学生にかけて親が気にするのは、子供の学校以外の学習環境です。

塾、家庭学習、それとも家庭学習か?

私は塾と家庭学習の両方を経験しました。

家庭教師は経験しませんでしたが、これはジャンルとしては塾と同等に考えていいと思います。

なので、「塾・家庭教師」VS「家庭学習」で比較して、家庭学習がダメそうなら塾か?家庭教師か?と判断すればいいでしょう。

続きを読む

算数が苦手な小学生は親次第で得意科目になる

算数が苦手というのは小学生の最大の学習問題かもしれません。

決して算数ができないからと将来の道が文系になるとは決まりません。小学生の間は、将来東大の理系に進学する子であっても苦手としている子はいます。

でも算数が苦手なのに真正面から算数を学ぶと確実に挫折。そして拭い切れない苦手意識をもつことになり本当に将来の選択肢が狭まります。

続きを読む

作文が苦手な小学生の効率的な学習方法

作文が苦手という子どもは非常に多いです。

というか、大人になっても完全に引きずりますよね。

結局作文というのは、いかに分かりやすい説明文を書けるかどうかです。

大人なら会社で資料作成をしますが、あれが苦手で時間がかかってしょうがないお父さんも多いでしょう。それって作文力が足りていないんです。

続きを読む

国語・現代文の読解力不足の小中学生は親子の会話で成績アップ

国語の読解力ほど学習が難しい物はありません。

一番効果が高いのが読書と言われています。

しかし、これは読書が好きな子がそうなるだけで、読書が苦痛だと意味がありません。

そんな中、昔から漫画は読解力向上に意味がないと言われていましたが、漫画も読み方次第、作品次第では国語力を上げるものとされてきています。

そのことから導き出されるのが親子の会話。

友達同士の会話ではコミュニケーション能力が上がりますが、国語・現代文の読解力は親子の会話でしかあまり上がりません。

続きを読む

漢字ドリルが不要になる日常家庭内学習方法

漢字の書き取りが苦手なら漢字ドリル!

というのが一般的ですが、それよりも漢字を分解してみることの重要性を書きました。

漢字の書き取りが苦手な小中学生は漢字分解を教えればO.K.

この漢字を分解する見方をすることで、漢字ドリルに頼らなくても漢字が覚えられる、苦手意識がなくなる方法があります。

それが日常生活、家庭内での学習です。

続きを読む

漢字の書き取りが苦手な小中学生は漢字分解を教えればO.K.

漢字の読みはできても書き取りが苦手という小学生、中学生は多いです。

さらにそれを引きずって高校受験に影響が出てしまう子もいます。

そこで親が必死に漢字ドリルをやらせるのですが、これが一向に覚えない…

でも漢字ドリルで漢字の書き取りが得意になる子もいます。その差は何なのか?

続きを読む

小学生の復習は毎日の「親の一言質問問答」で復習習慣が身につく

予習と復習のどちらが大事かといえば、これはもう復習です。繰り返し学ぶことは圧倒的に理解と記憶を助けます。

でも小学生はなかなか自分で復習しませんよね。「今日勉強してきたことを復習しておきなさい!」と言ってもやらないし、机に向かっていてもただ教科書を眺めているだけ…

しかし小学生の授業の復習というのは、中学生や高校生ほど高度なものは求められません。もっとシンプルに、もっと簡単にやらせることで飛躍的に学力をアップさせることができます。

続きを読む