小学生が勉強を楽しくなるのに必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生で目立つのは勉強ができないのではなく、勉強することが楽しくないということです。

自分のお子さんは勉強ができない方と思っていないでしょうか?もしかするとそうではなく、楽しくないからというだけかもしれません。

子どもはちょっとしたきっかけで激変します。子どもの勉強に対する嫌悪感を少しでも減らしてあげれば、私はその子は変わると思っています。

小学生の間は勉強はクイズと同じ

大人がクイズを解く時って結構「勘」を働かせますよね。でも子どもは「勘」を働かせるのではなくて使います。無理やり引き出すのではなく、「勘」が隣に常にいるような状態。それくらい子どもと大人の脳の使い方は違います。

クイズの答えや解き方を解説するのに長ったらしい説明はしないはずです。クイズを解くのにいちいち解説があると楽しくなくなります。早く次の似た問題でチャレンジしてみたくないでしょうか?

分かる!というできた喜びが出ればもう大丈夫

特に子どもは次のクイズ!クイズ!とチャレンジ精神が旺盛です。勉強も同じ。間違えたら完結で分かりやすい説明を最小限に留め、似た問題で再び解かせる。これを繰り返していけば、自然にその問題の解き方にピンと来るようになります。

すると「分かる!」というクイズの問題が解けたときと同じ現象が起きます。こうなれば科目関係なしに勉強全般に対する苦手意識は一気になくなります。

分からない部分を教えて解決するのはダメ

勉強が分からないから楽しくない。じゃあ分からないところを教えてあげるから…

これでは勉強は一向に楽しくなりません。分からないから楽しくないのは事実ですが、ある部分が分かったからといってそこだけしか解決しません。またどうせ分からないところが出てくるとやる気が出ません。

小学生の間は弱点補強とかあまり考えなくてもいいです。とにかくできるところ、できそうなところだけでも、なるべくシンプルで解答にストレスがかからない問題で繰り返しやってみることです。

解く→不正解→なぜ?→解くをもっと早く

小学生の間は問題を解いて間違えて、解説を受けてまた解くというサイクルをなるべく早くするクイズ化形式が一番効果的です。勉強とクイズを近づけてしまえば勉強は楽しくなります。

そしてここでポイントなのが、間違えた問題をもう一度すぐにやらせないことです。似た問題をやります。数字が一文字変わっただけでもいいです。とにかく新鮮なものをやらせてあげること。

大人だって毎日同じ仕事内容だと嫌になってきます。子どもは好奇心の塊。それを邪魔する問題の出し方は、子どもが勉強を楽しくないと感じる大きな原因となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。